FC2ブログ

HSVN

「葉山災害ボランティアネットワーク」は神奈川県葉山町で「明日起きてもおかしくない大災害」に備えて、災害ボランティアに関する様々な学習・訓練・支援活動を行っているボランティアの団体です。

「図書とTシャツ収集」プロジェクト実績報告

2013年1月13日から開始した東日本大震災に伴う「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」および「女川高白浜草履組合」に対する被災地支援活動としての図書とTシャツの収集は2013年5月26日をもって全10回の日程を全て終了しましたので、その実績をご報告いたします。

図書とTシャツの収集に関しては以下の通りです

qq.jpg


参加者数は以下の通りです(来場者の方に参加確認書に記入をして貰った)

参加確認書数 のべ 195

収集した図書は(株)バリューブックスに売却し、その売却額相当を陸前高田市に寄付する仕組みとなっています。その寄付額は以下の通りです

無題2

全10回の収集に際し、休日の施設の鍵の開閉、一部什器備品の借用、倉庫での一時保管に関し、葉山町、葉山町教育委員会のご協力を得て、以上の実績を上げ無事終了できた事に関しHSVNを代表し感謝するとともに、以上ご報告いたします。

2013年6月20日
葉山災害ボランティアネットワーク
代表 丸 恭輔

スポンサーサイト



  1. 2013/06/30(日) 12:07:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HSVNから「減災研修ツアー」のお知らせです

大震災から3度目の夏を迎えるいま、震災直後の防災意識の高まりも一部には風化の兆しも見える昨今です。しかし一方では葉山を含め神奈川における広域災害の可能性は高まりこそすれ去ったわけでは全くないのです。復興が本格化する中で、被災の爪跡が一見するとどんどん消えていっている今こそ、風化する記憶を改めて刻み直す最後のチャンスであると言えるでしょう。という事でHSVN「減災研修ツアー」のご案内です。是非多くの方の参加をお願いいたします。

2013年春のバス

  1. 2013/06/01(土) 16:01:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0