HSVN

「葉山災害ボランティアネットワーク」は神奈川県葉山町で「明日起きてもおかしくない大災害」に備えて、災害ボランティアに関する様々な学習・訓練・支援活動を行っているボランティアの団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

災害ボランティアセンター設置・運営指針 vol1.0

昨年の夏以来、「災害ボランティアセンター連携会議」(葉山町、葉山町社会福祉協議会、日赤防災ボランティア第3ブロック葉山、葉山災害ボランティアネットワーク、その他随時の有志)で協議検討してきた災害時における災害ボランティアセンターの設置・運営に関する指針がようやく纏まりましたのでご紹介いたします。

*******************************

葉山災害ボランティアセンター設置・運営指針 Vol.1
平成25年3月28日

はじめに

平成23年3月11日、東北地方を中心に地震、津波、放射能汚染などにより甚大な被害をもたらす「東日本大震災」が発生しました。
被災地には全国から多くのボランティアが支援に訪れ、社会福祉協議会やNPOが中心となり災害ボランティアセンターを設置し、災害救援ボランティアのコーディネートを実施しました。
相模湾東側沿岸部に位置する葉山町は、首都圏直下型地震、南関東地震、東海地震等の震災の他、富士山の噴火活動による被害の可能性が指摘されており、いつ大きな災害に被災するかわからない状況です。
平成23年9月に実施した岩手県への「東日本大震災復興支援ボランティアバス」の参加者を中心に、昨年5月、葉山町が大規模被災したときに設置する災害ボランティアセンターの設置・運営の中核担う「葉山災害ボランティアネットワーク」(通称 HSVN)が誕生しました。
そしてその翌月からは災害ボランティアセンターに関わる葉山町(総務課防災係、町民サービス課)、HSVN、日赤防災ボランティア第3ブロック葉山、神奈川災害ボランティアネットワーク、葉山町社会福祉協議会の連携を促進するため毎月定例で開催する「災害ボランティアセンター連携会議」がスタートしました。
本書は、災害時に速やかに災害ボランティアセンターが設置され、効果的な活動が展開されるよう、必要事項について「災害ボランティア連携会議」において関係者が協議し、まとめたものです。


*本文はこの下の「続きを読む」ボタンをクリックしてください



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/05/27(月) 19:31:36|
  2. 災害ボランティアセンター設置・運営指針vol 1.0
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。